PHPが使える無料レンタルサーバー!広告なし・SSL!国内・海外の一覧

サイト運営

PHPが使える無料レンタルサーバー-日本国内・海外のホスティングサービス

PHPが動作する無料レンタルサーバーを提供するホスティングサービスについて、国内・海外を問わず幅広くご紹介していきます。

無料レンタルサーバーは、有料のホスティングサービスに比べて機能が限定的ではありますが、PHPを動作させることのできるサービスも多く存在するため、趣味用・勉強用として利用するには十分でしょう。

月額220円!格安レンタルサーバー
PHPが使える無料レンタルサーバー

無料レンタルサーバーの注意点

PHPが使えるレンタルサーバーは複数存在しますが、やはり無料サービスならではの制約や不便な点があるケースが多く見られます。

一方で、有料サービスでも格安でPHPやMySQL等を利用できるサービスも存在するため、下記にご紹介する注意点を踏まえ、本当に無料レンタルサーバーを使用すべきかどうか検討しましょう。

ドメインは別途必要な場合がある

PHPが使えるレンタルサーバーの中には、ドメインを自前で用意しなければならないサービスもあります。

サーバー代が無料であっても、別途ドメイン代が発生するのであれば、無料レンタルサーバーにこだわる必要はないでしょう。

たとえば、ロリポップのライトプラン(月額220円)を契約すれば、ドメインを1つ永年無料で取得・更新することが可能です。

有料サービスならば「独自SSL化」「サブドメイン機能」「Cron」等のサービスも充実しており、無料レンタルサーバーよりも高速で安定しています。

結果的に、無料レンタルサーバーを利用するよりも、格安レンタルサーバーを利用した方がドメインの新規取得や更新にかかる費用や手間が節約でき、コストパフォーマンスが良いと言える場合もあるのです。

初期ドメインがスパム扱いされる場合がある

PHPが使える無料レンタルサーバーには、自前のドメインを用意しなくても「初期ドメイン」を利用できるサービスも存在します。

しかし、海外の無料レンタルサーバーはスパム・プログラムに利用されるケースも多いことから、Google検索やTwitter、Instagram等のサービスにおいてスパムURLと認識されている場合があるため、注意が必要です。

実際にTwitter検索では、一部の無料レンタルサーバーのURLを含むツイートは検索結果に表示されない仕様になっており、ツイートしても誰にも見てもらない場合があります。

また、Googleの検索結果には1つのドメインから2つまでしか表示されません。

同じレンタルサーバーを利用しているサイトに同じようなコンテンツがあると、自身のサイトが検索結果にヒットしづらくなってしまいます。

サイトやウェブサービスによる集客や収益化を視野に入れるのであれば、共用の「初期ドメイン」ではなく、独自ドメインを使用した方が良いでしょう。

フェッチ・スクレイピング不可な場合がある

無料レンタルサーバーでは、PHPによるフェッチ・スクレイピングができないサービスもあるようです。

PHPでは、"file_get_contents()" や “cURL" を使って外部サイトへアクセスするケースがありますが、一部の無料レンタルサーバーでは上記の構文が使用できない、もしくは一部サイトに対してアクセスできません。

つまり、APIを叩くということもできないということです。

原因として考えられることは「IPアドレスのスパム認定」でしょう。

スパム対策として海外からのアクセスを制限するサイトも多いですし、APIを提供するような大規模なサイトならば尚更、過去にスパム的なアクセスがあったIPアドレスをブロックしている可能性が考えられます。

APIの利用やスクレイピング、他サーバーのファイル実行を必要とするようなプログラムを想定している場合には、無料レンタルサーバーでは思うように動作してくれない場合があるかもしれません。

SSL化されていないサービスが多い

最近のウェブブラウザは、SSL化されていないサイトを表示すると「安全ではありません」「保護されていない通信」等と警告が表示されます。

SSL化によるセキュリティー保護が一般的となった今でも、無料レンタルサーバーの多くはSSL化に対応していないのが現状です。

セキュリティー対策が施されていないウェブサイトは、サイトを訪問するユーザーに対して不信感や不安感を与えてしまいます。

そして何より、ブラウザの警告文が表示されることによって、ユーザーがサイトを訪問せず折り返してしまい機会損失に繋がることが懸念されます。

本気で運営していくウェブサイト・ウェブサービスならば、SSL化に対応した安全なサーバーを利用したいところです。

無料サーバーは基本的に広告あり

当然のことながら、無料レンタルサーバーを提供する側は、何かしらの利益を求めて運営しています。

サーバーを常時稼働させておくだけでも莫大な電気代がかかりますし、完全無料で提供していては赤字になることが目に見えています。

そこで、多くの無料レンタルサーバーが採用している収益モデルが「ネット広告による収益」です。

ユーザーに直接代金を請求するのではなく、ユーザーが作成したコンテンツに広告を掲載することで収益を上げているのです。

そのため、完全無料で広告なしのレンタルサーバーはほとんどないという事実を知っておく必要があるでしょう。

PHPが使える無料レンタルサーバー

PHPが動作する無料レンタルサーバーを、国内サービス・海外サービスに分けてご紹介していきます。

国内のPHP無料レンタルサーバー

日本国内の企業が運営する無料レンタルサーバーのうち、PHPが利用できるサービスをご紹介します。

尚、国内の無料レンタルサーバーでは、広告表示なしでPHPを利用できるサービスはありません。

XREA

国内のPHPが使える無料レンタルサーバーのうち、おそらく現状では唯一、SSL接続に対応している無料ホスティング・サービスです。

MySQLも利用できるため、WordPressをインストールして運用することも可能。

ただし、ドメインは基本的に自前で用意する必要があります。

初期ドメインとして.shopドメインが1年間は無料で提供されますが、その後も継続して利用するのであれば年間4,378円の.shopドメイン更新料が発生するため、初期ドメインの使用は現実的ではありません。

XREAを利用するのであれば、取得費用・更新費用ともに手頃な価格のドメインを自前で準備すると良いでしょう。

ちなみに、GoogleやYahoo、bing等からの検索流入を期待する場合や、Twitter検索をはじめとするSNSからの集客を前提とする場合であれば、スパム判定されやすい格安ドメインの運用は避けなければならないため、有料の格安レンタルサーバーを利用した方がお得と考えることもできます。

また、広告が自動的に表示されてしまうため、本格的なウェブサイトを公開するサーバー運用には向きません。

SSL接続 ○対応
FTP暗号化 ○対応
初期ドメイン △1年間無料
容量 △1GB
広告表示 ×広告あり

XFREE

国内最大手のホスティングサービス「XSERVER(エックスサーバー)」が提供する無料レンタルサーバー。

XFREEには3つのプランが用意されており、「PHP・MySQLサーバー機能」を選択すればPHPファイルをホスティングすることが可能です。

また、無料で利用できる初期ドメイン(共有ドメイン)が付与され、完全無料での運用に向いています。

データベース・独自ドメイン・サブドメインを利用することができるため、趣味用・勉強用としての個人運用であれば十分な機能性です。

ただし、SSL化には対応しておらず、FTPソフトでの接続時にも暗号化が利用できない等、セキュリティー面には不安要素あり。

近年、主要なブラウザでSSL化されていないサイトを表示すると「安全でないサイト」等の警告文が表示されるため、SSL化がほぼ必須項目となっている今、本番環境としての利用は現実的ではないでしょう。

PC・スマホ問わず、広告が自動で表示されてしまう点も含め、趣味用・勉強用としての運用が好ましいでしょう。

SSL接続 ×非対応
FTP暗号化 ×非対応
初期ドメイン ○共有ドメイン
容量 △1GB
広告表示 ×広告あり

スターサーバーフリー

ネットオウルが提供する無料レンタルサーバー「スターサーバーフリー」にも、PHPとMySQLが使えるプランが用意されています。

ドメインに関しては、初期ドメイン(共有ドメイン)が無料で利用可能。

自前で用意した独自ドメインも、1つだけ設定することが可能です。

PHP・MySQLが利用できるプランでも容量が2GBと、無料レンタルサーバーにしては大容量。

広告の自動表示はスマホのみで、PCからの閲覧であれば広告が表示されません。

ただし、SSL化には非対応なのが惜しいところです。

SSL接続 ×非対応
FTP暗号化 ○対応
初期ドメイン ○共有ドメイン
容量 ○2GB
広告表示 △スマホのみ

国内でおすすめの格安サーバー

国内の無料レンタルサーバーは、サーバー自体が国内に設置されていることから通信速度が速く安定していますが、いずれも容量が少なく、一定の規模を超えるサイトを構築する際には物足りないでしょう。

国内には優秀なホスティング・サービスが多数ありますが、サーバー費用を抑えつつハイクオリティなレンタルサーバーを使いたいのであれば、ロリポップのライトプランがおすすめです。

  1. 月額220円
  2. 容量160GB
  3. 無料SSL化
  4. PHP×MySQLでWordPress運用可能
  5. HDDではなくSSDだから高速
  6. 広告表示なし

上記のように、低価格でありながら機能が充実しており、快適に本格的なサイト運営ができます。

海外のPHP無料レンタルサーバー

PHPが動作する海外の無料レンタルサーバーをリストアップしました。

以下はすべて、無料の初期ドメイン(共有ドメイン)が付与されるサービスです。

000webhost

海外のPHPが動作する無料レンタルサーバーの中で、最もおすすめなのが000webhostです。

有名なホスティング会社「Hostinger」が運営しており、その安心感と操作性・視認性の高いUIが魅力的なサービス。

SSL接続に対応しており、広告が表示されることもないため、本番環境としての利用にも適しています。

ただし、ディスク容量は300MBと少なめ。

大規模なPHPファイルを動かしたり、多数のページを公開するとなると容量不足となる場合もあるでしょう。

そして、深夜帯になるとサーバーエラーがダウンしていることが多いのも気になるところです。

国内のレンタルサーバーに比べて通信速度も遅く、安定感に欠ける点がデメリットと言えます。

SSL接続 ○対応
FTP暗号化 ○対応
初期ドメイン ○共有ドメイン
容量 ×300MB
広告表示 ○広告なし

    InfinityFree

    PHPが使える無料レンタルサーバーの中でも、無料SSL化が可能な数少ないサービスです。

    初期状態ではSSL化されていないため、自ら設定手順を実施しなければなりません。

    ストレージ容量は、常識の範囲内ならば「無制限」とされており、広告表示もなし。

    ただし、海外のホスティング・サービスにおける「容量無制限」は、あまり当てにしない方が良いでしょう。

    無制限とは言っても、あくまで「常識の範囲内で」という但し書きが添えられており、完全無制限にホスティングできるわけではないと考えるべきです。

    これらの事情を含めても、かなり使い勝手の良いサービスだと言えます。

    SSL接続 ○対応(設定が必要)
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 ○無制限(常識の範囲内)
    広告表示 ○広告なし

    x10hosting

    x10hostingは、容量無制限で広告表示なし、PHPが使える無料レンタルサーバーです。

    ただし、SSL化に対応していないところが難点。

    とはいえ、広告表示なしで利用できる点は大きなメリットだと言えるでしょう。

    SSL接続 ×非対応
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 ○無制限(常識の範囲内)
    広告表示 ○広告なし

    Yupage

    Yupageもまた、容量無制限で広告表示なしのPHPが使える無料レンタルサーバー。

    SSL化は非対応です。

    SSL接続 ×非対応
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 ○無制限(常識の範囲内)
    広告表示 ○広告なし

    U Host All

    U Host Allは、上記で紹介したYupageとほぼ同じサービスのようです。

    登録画面のUIも同じ系統で、登録先のサーバーのIPアドレスもYupageとほぼ同じでした。

    海外の無料レンタルサーバーには、同じような登録画面のシステムを利用しているサーバーが多く、この手のレンタルサーバーは基本的にIPアドレスも同一です。

    どこのサイトから登録しても、結局は同じサーバーを利用しているに過ぎないため、IPアドレスを分散したい場合には向きません。

    SSL接続 ×非対応
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 ○無制限(常識の範囲内)
    広告表示 ○広告なし

    U Host Full

    U Host Fullは、容量無制限・広告なしのPHPが使える無料レンタルサーバーです。

    名前のとおり、U Host Allとほとんど同じで、サイトデザインまで瓜二つ。

    両者の違いを挙げるならば、初期ドメインの違いくらいでしょう。

    SSL接続 ×非対応
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 ○無制限(常識の範囲内)
    広告表示 ○広告なし

    Free Web Hosting Area

    1.5GBまで利用できる、PHP対応の無料レンタルサーバーです。

    広告表示はありませんが、SSLに対応していません。

    SSL接続 ×非対応
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 △1.5GB
    広告表示 ○なし

    Biz.nf

    Biz.nfは、.bizドメインのサブドメイン(共有ドメイン)が初期ドメインとして付与される無料レンタルサーバーです。

    容量は250MBと小さめで、SSLには対応していません。

    また、フェッチ・スクレイピングはできないようです。

    SSL接続 ×非対応
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 ×250MB
    広告表示 広告なし

    Free Hosting No Ads

    容量は1GBで、PHPが利用できる無料レンタルサーバーです。

    有料オプションとしてSSL化が可能となっています。

    ただしBiz.nf同様、フェッチやスクレイピングができません。

    SSL接続 △有料
    FTP暗号化 ○対応
    初期ドメイン ○共有ドメイン
    容量 △1GB
    広告表示 ○広告なし

    格安サーバーの方が便利でお得

    PHPが動作する無料レンタルサーバーは、国内・海外を探せば多数見つかります。

    しかし、当然のことながら無料サービスは有料のクオリティには及ばないことが多く、機能が不足しているだけでなく、不便であったり安全性が担保されていなかったりといった問題がつきまといます。

    一方で、国内の有名企業が運営する大手ホスティング・サービスは、価格を抑えつつも高品質なサービスを提供しており、少額で高機能なサーバーを利用することができるのです。

    たとえば同じ内容のウェブサイトを公開するにしても、SSL化されていて無駄な広告がなく、ページが表示されるまでのレスポンスが速い方が、ユーザーがコンテンツを閲覧してくれる可能性が高まります。

    結果として、少額の投資によってサイトのパフォーマンスや収益が倍増することもあるのです。

    もちろん、無料で利用できることは大きなメリットですが、サイト製作・プログラム製作のプロが有料サービスを利用するのは、金額以上の価値があるからに他なりません。

    もしも、あなたがこれから作ろうとしているサイトやプログラムを多くの人に利用してもらいたいのであれば、月々コーヒー1杯分の投資で高機能・高速・安全な有料レンタルサーバーを契約することをおすすめします。