楽天モバイルは本当に0円・タダ・無料なのか?安い・お得の噂を検証

ライフハック

楽天モバイルは本当に0円・タダ?本当に無料なのか

楽天モバイルの料金プラン “Rakuten UN-LIMIT VI" は、月額0円から利用できることから話題になっていますが、「本当に無料なのか?」「本当にタダで使えるの?」と疑問を抱く方も多いはず。

当ページの記事タイトルには「検証」と表記しましたが、私自身が実際にメイン回線として楽天モバイルを利用しているため、検証というよりも「口コミ」「レビュー」としてお読みいただく方が最適かもしれません。

結論から申し上げると、楽天モバイルはデータ使用量に応じて本当に0円から利用可能で、しかも最初の3ヶ月間はデータの使用量に関係なくプラン料金が完全に無料になります。

楽天モバイルは本当に0円・タダ

楽天モバイルは本当に無料なのか-本当に0円・タダ

楽天モバイルのプラン料金は、1GBまで本当に0円・タダです。

データ使用量に応じてプラン料金が変動する仕様となっており、1ヶ月あたりのデータ使用量が1GBであれば本当に無料で利用できます。

しかも、楽天モバイルを契約した月から最初の3ヶ月間はデータをどれだけ使っても無料。

テレビCMやインターネット広告で見かける「0円」「タダ」「無料」の宣伝は、言うまでもなく本当なのです。

0円・無料なのはプラン料金

「プラン料金」とは、データ通信料(パケット使用料・インターネット通信料)のことを指し、当然ながら、スマホ端末代や電話料金は別料金として課金されます。

そのため、楽天モバイル契約時に新しい端末を併せて購入したのであれば、最初の月から端末代は請求されることになります。

また、電話回線の利用料とデータ通信料は別物なので、電話回線を利用した場合には通話時間やSMS(ショートメッセージ)の使用量に応じて電話代が請求されます。

しかし、楽天モバイルの場合は “Rakuten Link" という通話専用アプリを使用することで、ご自身の電話番号を使って無料で電話・SMSを受発信することが可能です。

電話回線を使用するとプラン料金以外に通話料が発生してしまうため、楽天モバイルに乗り換えたなら、電話をかける際には必ずRakuten Linkを使用して発信しましょう。

ナビダイヤルは無料にならない

楽天モバイルの電話発信を無料化するアプリ “Rakuten Link" を使用しても、ナビダイヤルの料金は無料にならないので注意が必要です。

企業のカスタマーサポート窓口に電話をかけた際、「ナビダイヤルでお繋ぎします。○○秒毎におよそ△△円でご利用いただけます。」等のアナウンスを耳にすることがあるでしょう。

このようなナビダイヤルは、楽天モバイルに限らず、他のキャリアの「かけ放題プラン」でさえ対象外とされています。

電話をかける際はRakuten Linkを使用するように徹底していても、ナビダイヤルを利用した場合には通話料が発生してしまうことを覚えておきましょう。

LINE通話やZoomはプラン料金内

楽天モバイルに限らず、LINE通話やSkype、Zoom、FaceTime(iPhone同士のビデオ通話)といったインターネット回線を利用するチャット・通話アプリケーションを用いた通信は、データ通信によって行われるため、プラン料金(パケット代)に含まれます。

※FaceTimeは電話番号で受発信しますが、データ通信を使用するため通話料金は一切かかりません。

もちろん、インターネット検索や地図アプリ、各種配信サービスにおける音楽・動画の視聴等もすべてインターネット回線を利用しているため、プラン料金以外に料金が発生することはありません。

プラン料金外として計算されてしまう通信は、電話回線を使用する「電話」と「SMS(ショートメッセージ)」のみです。

そして、楽天モバイルユーザーならば、Rakuten Linkを使用することで電話・SMSまでプラン料金内に組み込むことができるようになります。

つまり、電話をかける際には必ずRakuten Linkを使用し、自宅や職場のWi-Fiを上手く活用したり、出先でのインターネット通信を控える工夫をしたりと、パケット使用量を調整することで、本当に0円・月額無料で楽天モバイルを利用することができてしまうのです。

本当にタダだった!利用明細

楽天モバイルに乗り換えて3ヶ月が経過し、本当にプラン料金が0円・タダであることが実感できましたので、3ヶ月分の利用明細を画像として掲載します。

ちなみに、私は楽天モバイルに乗り換える際、iPhoneの代金を半額支払った時点で新しいiPhoneに機種変更可能になる「楽天モバイル-本当にただ楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムを利用してiPhone12を購入していますので、毎月2,108円の請求がプラン料金以外に発生しています。

1ヶ月目:1GB未満で0円

楽天モバイルは本当に0円・タダ?本当に無料なのか?

楽天モバイル、1ヶ月間のデータ使用量が1GB未満ならば本当に0円なのか…!と感動。

プラン料金の請求額の欄に「0円」の記載があるとおり、本当にタダです。

緊急事態宣言下で外出が極端に少なかった月ですが、自宅ではWi-Fiのみを使用し、外出時も気になったことはメモするに留めて帰宅してから調べる等、データ使用量を抑える工夫をしました。

尚、画像中の青い四角形で隠されている部分は私の電話番号で、個人情報であるためカバーをかけさせていただきました。

2ヶ月目:1~3GBでも無料

楽天モバイルは本当に0円・タダ?本当に無料なのか?

2ヶ月目は、「最初の3ヶ月はプラン料金が無料」のキャンペーンを検証すべく、意識的に楽天モバイルの回線を使用しましたが、きちんとプラン料金分が割引されて請求額は本当に0円になっていました。

この月は、iPhoneの端末代の他にもナビダイヤルを利用した分の通話料が発生していますが、以前から貯めていた楽天ポイントから支払うよう設定することができるので、とても便利です。

外出時には意識的に楽天回線でインターネットに接続するよう心がけていましたが、屋外で動画視聴や大容量のスマホゲームを利用しない限りは、1ヶ月で3GB程度に抑えることも難しくないように感じました。

3ヶ月目:1~3GBでも無料

楽天モバイルは本当に0円・タダ?本当に無料なのか?

3ヶ月目も1~3GBのデータ通信を使用しましたが、開通から3ヶ月以内であるためプラン料金は当月も本当に無料でした。

記事執筆時点ではまだ請求額が確定していないため、請求額の元となるデータ使用量の画面も掲載しておきます。

楽天モバイルは本当に0円・タダ?本当に無料なのか?

ちなみに、この月は地方へと出向く用事があり、一部地域では楽天モバイルの回線が開通しておらずパートナー回線(au回線)を使用する場面もあったようですが、iPhone12ではスムーズに回線が切り替わり、特にストレスは感じませんでした。

楽天モバイルの公式ホームページで確認できるとおり、楽天モバイル回線エリアは急速に拡大しているため、ご自宅周辺が既に楽天モバイル回線エリア内なのであれば他社キャリアからの乗り換えを前向きに検討して良いでしょう。

楽天モバイルはなぜ無料なのか

楽天モバイルが1GBまで本当に0円・タダで利用でき、最初の3ヶ月はプラン料金が本当に無料になるということはお分かりいただけたと思います。

では、なぜ楽天モバイルは「0円」「タダ」「無料」でサービスを提供しているのでしょうか。

楽天モバイルは後発組

楽天モバイルは2020年4月にサービスを開始したばかりで、携帯電話事業社としては完全に後発組です。

これまで、NTT docomoとau、SoftBankの3キャリアによる寡占状態が続いた市場ですから、いくら楽天が運営する日本最大のショッピングサイト「楽天市場」で名が知れているとはいえ、現状では信頼性の面において、新規参入者の楽天モバイルが大手キャリアに勝つことはできないでしょう。

大手キャリアが長年の運営実績によって顧客からの信頼を勝ち取ってきた一方で、楽天モバイルはサービス開始から間もないため、携帯電話事業社としての実績はほとんどありません。

実際には、楽天回線エリアは急速に拡大しつつありますし、しっかりと電波の届く場所であれば回線速度も充分です。

しかし、世間一般には「まだ新しいから信頼しきれないなぁ…」「格安だから電波が悪いんじゃないの?」等、様々な意見が溢れていることでしょう。

そのため、新規参入者である楽天モバイルは、まずは実際に多くの人に使ってもらい、口コミを広めるために破格の価格設定をしているのです。

楽天モバイルも0円は今だけ?

1GBまでならば本当に無料という料金設定であり、0円で使えてしまう楽天モバイルですが、楽天グループの決算を見てみると、携帯電話事業で莫大な赤字を出してしまっています。

もちろん、ビジネスにおいてはプロモーションを含む初期投資による赤字は仕方の無いことです。

現段階では、楽天モバイルは多くの人に知ってもらったり使ってもらったりすることが最優先ですから、赤字を出してでも普及率を上げていきたい考え。

しかし、楽天はボランティア団体ではなく、利益を追求する企業ですから、最終的には利益を確保できる価格設定まで引き上げる可能性は充分にあります。

楽天モバイルが1GBまで無料という破格の安さを打ち出しているのも、今だけかもしれません。

気になっている方は、現在の格安プラン “Rakuten UN-LIMIT VI" が提供されているうちに契約することをおすすめします。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルは本当に0円?プラン料金無料キャンペーン

楽天モバイルは、プラン料金が0円・タダになる「プラン料金3ヶ月間無料キャンペーン」以外にも、お得なキャンペーンを多数実施中です。

これらはあくまで期間限定キャンペーンであるだけでなく、そのほとんどが終了日未定となっているため、楽天モバイルへの転入を検討している方は早めに乗り換えたいところ。

尚、下記に掲載しているキャンペーン情報は、記事執筆時点(2021/10/07)で実施中であるキャンペーン内容の一部です。

キャンペーンの実施状況や参加条件等は日々変動しているため、必ず楽天モバイル-本当に0円楽天モバイル公式サイトにて最新の情報をご確認ください。

iPhone22,000円割引キャンペーン(終了決定)

楽天モバイルがこれまで大々的に行ってきた、iPhoneの大幅割引キャンペーンです。

他社から楽天モバイルに乗り換える際、対象のiPhoneを購入することで22,000円もの割引が適用されるキャンペーンであり、そのお得さが話題を呼んでいましたが、こちらのキャンペーンは2021年10月8日の午前8時59分で終了とのこと。

以下2つのキャンペーンに終了日を設けました。

  • iPhone発売記念キャンペーン(キャンペーンコード :1223)
  • 他社から乗り換え(MNP)でiPhone割引キャンペーン(キャンペーンコード :1277)

終了日:
Web 2021年10月8日(金) 8:59まで、店舗 2021年10月7日(木) 閉店まで

引用:楽天モバイル-本当にタダ楽天モバイル公式サイト

実際に、こうして大人気のキャンペーンが次々に終了されているため、現在実施中のその他キャンペーンも突然終了してしまう可能性が充分に考えられます。

他社からの乗り換えや新規契約を視野に入れている方は、楽天モバイルがお得なキャンペーンを多数実施している間に契約しましょう。

他社からの乗り換えで15,000円相当分ポイント還元

お手持ちの(現在使用している)端末が楽天モバイルで使用できる機種である場合や、楽天モバイル契約時にiPhone 13シリーズ(iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max)のいずれかを購入した場合に適用されるキャンペーン。

キャンペーンの条件はとても簡単なもので、回線が開通した日(もしくはSIMカードの配送完了を楽天側が確認した日)の翌月末までに、Rakuten Linkアプリを使用して10秒以上の通話を行うことでキャンペーンが適用されます。

■ プランのお申し込み期間
– Webでのお申し込み 2021年6月18日(金)9:00~終了日未定
– 店舗(楽天モバイルショップ) 2021年6月18日(金)開店~終了日未定

■ プラン利用開始期限
プランのお申し込みの翌月末日23:59まで

■「Rakuten Link」利用期限
プランのお申し込みの翌月末日23:59まで

引用:楽天モバイル-本当にただ楽天モバイル公式サイト

当キャンペーンの終了日時は未定。

15,000円分の楽天ポイントが還元され、とてもお得なキャンペーンではありますが、突然終了してしまう可能性も充分にあるため、必ず楽天モバイル-本当にタダ楽天モバイル公式サイトにて最新情報をご確認ください。

初めてお申し込みでだれでも5,000円相当分ポイント還元

こちらのキャンペーンは「常時開催」と表記されているため、おそらく今後もしばらくは続くであろうキャンペーンです。

■ プランのお申し込み期間
 - Webでのお申し込み 2020年12月8日(火)9:00~常時開催
 - 店舗(楽天モバイルショップ)でのお申し込み 2020年12月8日(火)開店~常時開催

引用:楽天モバイル-本当に無料なのか楽天モバイル公式サイト

このキャンペーンで還元されるポイントは5,000ポイントですが、上記でご紹介した「他社からの乗り換えで15,000円相当分ポイント還元」との併用が可能で、合計20,000円相当の楽天ポイントが還元されます。

こちらのキャンペーンも、回線開通の翌日末までにRakuten Linkを使って10秒以上の通話をするだけの簡単な条件でポイント還元を受けることができます。

スマホ本体も一緒に購入すると最大20,000ポイント還元(Android)

「Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入でポイント還元キャンペーン」は、楽天モバイルへの申し込みと同日にスマホ本体を購入し、開通から翌月末までにRakuten Linkで10秒以上の通話を行うことで20,000円相当の楽天ポイントを受け取ることができます。

また、上記でご紹介した「初めてお申し込みでだれでも5,000円相当分ポイント還元」キャンペーンとの併用も可能なため、実質25,000円分のポイントを獲得可能。

2021/10/07現在、キャンペーン対象となるAndroid端末は下記のとおりです。

  • Rakuten BIG
  • OPPO A73
  • OPPO Reno5 A
  • OPPO Reno3 A
  • AQUOS sense3 plus
  • Galaxy Note10+
  • Xperia Ace
  • Galaxy S10
  • AQUOS R5G
  • AQUOS sense4 lite

以前はキャンペーン対象となっていたにも関わらず、キャンペーン情報の更新によって対象外となった機種もあります。

尚、当キャンペーンの終了日は未定ですので、キャンペーン詳細については必ず楽天モバイル-本当に0円楽天モバイル公式サイトにて最新情報をご確認ください。

その他お得なキャンペーンが多数

上記でご紹介したキャンペーン以外にも、楽天モバイルのお申し込みと同時にその他商品を購入することで、大幅に安くなるお得なキャンペーンが多数用意されています。

  • モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン
  • 対象Apple製品のお買い物ポイントが最大20倍キャンペーン(10月11日午前9時59分まで)
  • 楽天ペイお支払額が20%還元

楽天モバイルに申し込むことで、楽天が提供するその他サービスもかなりお得に利用することができるので、実施中のキャンペーンを最大限に活用したいところです。

本当に0円!無料プラン終了前に急げ

楽天モバイルのプラン料金は、1ヶ月のデータ使用量が1GBなら本当に0円・タダで利用できます。

「本当に無料なのか」という疑問を抱いていた方も、楽天モバイルが実際にプラン料金無料でサービスを提供していることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

とても安い料金プランと大幅にお得になるキャンペーンが魅力的な楽天モバイルですが、一定数の楽天モバイルユーザーを獲得した後も尚、今のような破格の料金設定やキャンペーンが続くとは考えにくいでしょう。

もしも、現在利用中の携帯電話事業社(キャリア)に不満があり、楽天モバイルへの乗り換えを検討しているのであれば、様々な乗り換えキャンペーンを実施している間に、いち早く乗り換えることをおすすめします。

楽天モバイルが赤字覚悟で大盤振る舞いのキャンペーンを開催している今、絶好のチャンスを逃すことなくお得に乗り換えましょう。