Twitterアカウントが凍結しない方法!理由と解除・異議申し立て例文

ライフハック

Twitterアカウントが凍結しない方法-凍結理由と解除・異議申し立ての例文

Twitterアカウントが凍結しない方法を理解するためには、凍結理由を知ることが重要です。

Twitterアカウントは、一度凍結されてしまうと異議申し立てを行っても解除されないケースがあるため、はじめから凍結されないような運用方法を心がける必要があります。

当ページでは、あらかじめTwitterアカウントが凍結しないようにするための凍結予防方法や、万一アカウントが凍結してしまった際の解除・異議申し立てに関する例文もご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterアカウントの凍結理由

Twitterにおいてアカウントが凍結しない方法を実行するにあたり、まずは凍結理由について知る必要があるでしょう。

Twitterアカウントの主な凍結理由は「フォロー関連の過剰な操作」と「過激なツイート投稿」です。

また、アカウント作成時の生年月日の設定で13歳未満と見なされると凍結してしまうため、生年月日についても13歳以上となるよう正しく設定しましょう。

フォロー関連の過剰な操作

Twitterアカウントが凍結される理由として、下記のような「フォロー関連の過剰な操作」が挙げられます。

  • 短時間で大量のフォローを行う
  • 短時間で大量のフォロー解除を行う
  • 短時間で大量のブロックを行う

上記のような操作は、急激なフォロワー増加を狙った不自然な操作として認識され、Twitterにおけるアカウント凍結の原因となります。

過激なツイート投稿

Twitterアカウントが凍結されてしまう理由には、「過激なツイート投稿」も該当します。

  • 政治に関する過激な発言
  • 性的な画像を含む投稿
  • 多数のハッシュタグを含む連続投稿
  • 外部リンクを含む投稿
  • 短時間で大量の自動ツイートを行う

特に、新規に作成したアカウントで運用歴が短く、ツイート数が少なかったりフォロワー数が少なかったりという段階で上記のような投稿を行うと、高確率でアカウントが凍結されてしまうでしょう。

長年運用されているアカウントであれば、政府に対する愚痴や政治的意見を発言しても問題ない場合があります。

一方、作成直後のアカウントでは、決して批判的なツイートではないにも関わらず「○○総理」等の単語を含むだけでもアカウントが凍結されてしまうケースもあるため、注意が必要です。

Twitterで凍結しない方法

Twitterアカウントが凍結しない方法は、下記のポイントを抑えることが重要となります。

  1. 過剰なフォロー・アンフォロー・ブロックをしない
  2. 過激なツイートを投稿しない
  3. 特にアカウント作成直後は慎重に操作を行う

Twitterにおいてアカウントを凍結されないためには、自然なアカウント運用を心がけることが大切です。

フォロー関連の過剰な操作をしない

Twitterアカウントが凍結しない方法を意識する上で、フォロー関連の操作は特に注意が必要です。

自発的なフォローはもちろんのこと、フォロー解除やブロックといった操作も過剰に行ってしまうと凍結の原因となります。

これらのフォロー関連の操作を行う際、気をつけるべき点は「時間あたりのフォロー数」と「フォロワー数との比率」です。

2022年2月現在、Twitterの規約上では1日あたりのフォロー上限数は400フォローとされています。

しかし、上記はあくまで「1日あたりの上限」に過ぎず、たとえば1時間に400フォローしようとすればほぼ確実にアカウントが凍結されてしまうでしょう。

特に作成直後の新規アカウントではフォローできる数が極端に少なく設定されているようです。

確実にアカウントが凍結しない方法をご紹介するのであれば、2~3時間ごとに10フォロー程度を地道に積み上げていくことが最善といえます。

過激なツイートを投稿しない

Twitterアカウントが凍結しない方法においては、過激なツイートをしないことも非常に重要なポイントとなります。

これもまた、新規アカウントを作成した直後には特に意識しなければなりません。

政治的発言や性的表現はもちろん避けるべきですが、それ以外にもビジネスにおける集客目的でのツイートによってアカウントが凍結されるケースが多々あるため注意が必要です。

具体的には、アカウント開設直後から複数のハッシュタグを含むツイートを連続して投稿したり、外部リンク・商品リンクなどを含むツイートを頻繁に投稿したりといった運用方法は凍結される確率が高くなります。

こちらもまた、凍結される基準が明確化されていないため、明確な数値として表すことは困難です。

凍結されない方法の目安としては、フォロワー数が少ないうちはハッシュタグや外部リンクを使用せずに10件程度ツイートを投稿し、フォロワーが200~250人ほど獲得できた時点から外部リンクを貼ることで、凍結されることなくアカウントを運用することができます。

アカウント作成直後は慎重に運用

Twitterアカウントを凍結しない方法で運用するためには、特にアカウント作成直後の操作に注意する必要があります。

新規に作成したアカウントは運用実績がないため、スパム目的の運用が疑われやすく、凍結しやすいという特徴があるのです。

そのため、フォロワー増加を目的とした過剰なフォロー操作や、フォロー・フォロワーの比率を調整するための急激なアンフォロー(フォロー解除)、また大量のブロック行為なども凍結のリスクが高まります。

また、投稿内容についても、フォロワー増加を目的としたハッシュタグの多用や外部サイトへと誘導するリンクが含まれるツイートは凍結の原因となりやすいです。

アカウントの運用歴は1~2ヶ月程度で充分ですが、通常のツイートを10件ほど投稿したり、一定数のフォロワーを獲得したりといった運用を行ってから、集客等の用途で使用するよう心がけましょう。

Twitter凍結の解除・異議申し立て

Twitterアカウントの凍結しない方法で運用することが大前提ではありますが、万一、アカウントが凍結してしまった際の解除方法・異議申し立ての例文もご紹介します。

Twitter凍結の解除は困難

一度Twitterアカウントが凍結してしまうと、解除申請や異議申し立てを行っても解除されないケースも多々あります。

まず前提として、あらかじめアカウントが凍結されないように健全な運用を心がけましょう。

丁寧かつ誠実な文章で異議申し立てを行っても、アカウントの凍結が解除されない場合もあることは理解しておく必要があります。

Twitter凍結の解除方法

Twitterアカウントの凍結には段階・レベルがあり、軽度のものであれば数時間後には自動的に凍結が解除されたり、メールアドレス・電話番号の認証を行ったりといった手順で比較的容易に解除可能です。

一方で、永久凍結などの厳重なペナルティに対しては、Twitterから送信される凍結通知メールに記載された異議申し立てのリンクから抗議する必要があります。

Twitterアカウントの凍結理由や凍結の度合いによって解除方法は異なるため、それぞれTwitterからの案内に従って凍結解除を行いましょう。

異議申し立ての例文

Twitterにてアカウントの凍結解除を申請したい、異議申し立てを行いたい場合には、下記でご紹介する例文のように日本語と英語の両方で抗議文を送信することが推奨されています。

また、異議申し立てを行う際には下記のポイントを意識して文面を作成すると尚良いでしょう。

  • 悪意のある運用方法ではなかったこと
  • 利用規約を再確認したこと
  • 今後の運用方法について改善を約束すること

ご担当者様

私のTwitterアカウントが凍結し困惑しております。

スパムを目的とした運用ではなく、健全なアカウント運用を行っていたつもりですが、今回の凍結をきっかけに再度Twitterの利用規約を確認致しました。

今後のアカウント運用には、より一層の注意を払って参りますので、Twitterアカウントの凍結解除をお願い致します。

 

To whom it May concern

My Twitter account is suspended and I’m confused. I thought that I was operating a sound account, not for the purpose of spam, but I confirmed the terms of use of Twitter again in the wake of this suspend. I will pay more attention to the future account operation, so please unsuspend my Twitter account.

このほか、ご自身で文面を作成したい場合には、下記リンクの「再翻訳・逆翻訳アプリ」で文法チェックを行うことで違和感のない英文を作成することが可能ですので、ぜひご利用ください。

Twitterは凍結しない方法で運用せよ

Twitterアカウントを新規で作成した際は、はじめから凍結しない方法で運用すべきです。

特に、フォロワー数や投稿数が少ない初期段階では、過剰なフォローや過激なツイート等を控え、スパム運用と認識されないよう細心の注意を払わなければなりません。

Twitterアカウントが凍結されてしまうと、凍結解除の申請や異議申し立てを行っても解決しない場合もあるため、アカウント作成直後から自然なアカウント運用を心がけて慎重に操作する必要があります。

当ページでご紹介した内容は、アカウントの量産やビジネスにおける集客用アカウントの運用にも役立つため、ぜひ参考にしながらTwitterを有効活用してください。